Macのパッケージ管理を始めてみた

In: Mac| technology

22 5月 2011

せっかくMacを買ったので、開発もやりたいと思います。で、SubversionやらGitやらのバージョン管理や、postgresqlやmysqlみたいなデータベースまで、環境構築するならできるだけ簡単にやりたいものです。そこで出てくるのがパッケージ管理。Windowsだとできませんでしたが、今回はきっちりできるようになろうと思います。

パッケージ管理とは

パッケージ名を指定すると、ソフトウェアをダウンロード、インストールしてくれる仕組みです。ほかのパッケージとの依存関係も自動で解決してくれたりもします。以前、CentOSでRubyをインストールした際は、rpmやyumといったコマンドで使ったことがありました。

Macのパッケージ管理:MacPorts

有名どころで行くと、ここはMacPortsでしょうか。ということで、インストールの方法を調べ始めました。
すると、後からわかったのは、Xcode 4には対応していないという事実……orz
結局600円払っちゃってるし、今更XCode 3にダウングレードするのもちょい切ない。。

いちおう、Xcode 4とXcode 3は同居できるらしいので、そこまでは以下のサイトを見ながら試してみました。ご参考までに。

Macのパッケージ管理:Homebrew

MacPortsのことを調べていくうち、どうやらMacPorts以外にも、Homebrewというものがあるらしいということを知りました。しかも、Xcode 4でも対応できるみたいで、都合がいい(笑)

てことで、こちらのインストールを始めることにしてみました。
GitHubのサイトのRequirementsを見る限りでは、ほかにもJavaも必要みたいですが、MacBook Airであればすでに入っているらしく、Xcodeがインストールされさえすればよいみたいです。
Xcodeがインストールした上で、以下のコマンドを打ちます。


$ ruby -e "$(curl -fsSLk https://gist.github.com/raw/323731/install_homebrew.rb)"

これだけ。コマンドは、ほかのサイトで見たものを入れたらエラーになったりしたこともあったので、うまくいかなかったらGitHubのサイトも確認してみましょう。

Homebrewの使い方

Homebrew本体のアップデートにはGitが必要ということで、最低限Gitは入れます。


$ brew install git

これで、Homebrewのアップデートは以下のコマンドでできるようになります。


$ brew update

あと、よく使いそうなコマンドをメモとしてまとめておきます。


brew install FORMULA... # パッケージのインストール、もしくはアップデート
brew uninstall FORMULA... # パッケージのアンインストール
brew search [foo] # パッケージの検索
brew list [FORMULA...] # 今インストールしているパッケージを一覧表示する
brew update # Homebrew本体のアップデート
brew outdated # インストール済みのパッケージの中で最新でないものを表示する

Via:


Comment Form

About this blog

ゆるーく、ふわーっと、興味のままに。

自分のかたわらに置いておくメモ代わり。

Photostream