Grailsをインストールしてみた

In: Groovy / Grails| technology

10 3月 2009

最近、隣の席の先輩からGrailsを猛プッシュされております。
Railsより使い勝手がいいのかな? つか、最近新しいものに触れる機会が減ってるし、ちょうどいっか、ということで、ちょっと触ってみようかと思います(AIRは途中で放置気味に…orz)。

Grailsとは?

概論的なものは、以下をご参照ください。
要するに、GroovyというJavaベースの言語を使って、HibernateとSpringでRailsっぽく書けるように実現させたフレームワークのようです。
細かい定義やら、Railsとの比較とかやらは、以下のリンク先が詳しそう。

インストール

ということで、まずはインストールから。
日本語版本家のインストールのページによりますと、

  1. JDKのインストール
  2. Grailsのインストール

だけでいいそうな。へぇぇ。

気が付けばJDKも入ってなかったので、ここからダウンロードしてきて、インストール(今のところ、jdk1.6.0_12が最新みたいですね)。

Javaダウンロードページ

さらに、Grailsもここからダウンロードしてきて、解凍、適当な場所(Cドライブ直下とかでいいかと)に置いておきます。今回は「Binary ZIP」のところのものを持ってきました。

Grailsダウンロードページ

で、あとはPathの指定。
最近、自宅PCをVistaに移行してしまったので、手順はVista版です。
コンピュータ → システムのプロパティ → システムの詳細設定 → ポップアップが出てきて「はい」
で、ようやくXPでよく見た環境変数の設定ができる画面が出てきます。

指定するのは、ユーザー環境変数でもシステム環境変数でもいいと思いますが、今回はシステム環境変数のPathをいじります。

….;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_12\bin;C:\grails-1.0.4\bin

みたいな感じで、JDKとGrailsのバイナリーのディレクトリを指定すればOK。

あと、新規の環境変数として、

変数名:JAVA_HOME
変数値:C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_12(JDKのインストールディレクトリ)
変数名:GRAILS_HOME
変数値:C:\grails-1.0.4(Grailsの解凍先ディレクトリ)

を追加。

再起動をかけて、コマンドプロンプトから


grails

と打ってみます。
こんな感じで出てくれば終了。


C:\>grails

Welcome to Grails 1.0.4 - http://grails.org/
Licensed under Apache Standard License 2.0
Grails home is set to: C:\grails-1.0.4

No script name specified. Use 'grails help' for more info or 'grails interactive
' to enter interactive mode

意外と簡単ですね。
Railsとの差異とか見ながら、学ぶべきところを吸収できたらいいなぁ。

Via:


Comment Form

About this blog

ゆるーく、ふわーっと、興味のままに。

自分のかたわらに置いておくメモ代わり。

Photostream