RMagickをインストールしてみる(CentOS5)

In: Linux| Ruby / Rails| technology

3 7月 2008

引き続き、Linuxの環境構築をやっています。
ruby、railsと来たので、じゃあ次は、RMagickだよね、ということで、RMagickのインストールをしてみました。
これがまた、うまくいかないいかない。
散々苦戦させられてようやくだったので、メモ。

環境確認

改めて、再度。


# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5 (Final)

ImageMagickが入っているかどうかは、以下のコマンドから確かめられます。


# convert -version

ImageMagickのインストール

まずは、ImageMagickのインストールから。
rpmを使う、もしくは、ファイルをwgetで引っ張ってきてtarで解凍してmake→installとか、方法はいくつかあるみたいです(自分の場合、rpmを試してみたけど、依存性の欠如がどうこうでどうにもならなかった)。

とりあえず、Linuxをあんまりわかっていない僕でもできたのは、このコマンド。


# yum install ImageMagick.i386
# yum install ImageMagick-devel.i386

yumというのは、rpmと似ているけれど、依存しているパッケージも全部一緒に持ってきてくれるところが違う、らしい。
rpmだと全然できなかったことが、yumだと問題なく終わりました。ステキ!

ちなみに、バージョンを確認してみると、こんな結果になります。


# convert -version
Version: ImageMagick 6.2.8 04/17/08 Q16 file:/usr/share/ImageMagick-6.2.8/doc/index.html
Copyright: Copyright (C) 1999-2006 ImageMagick Studio LLC

RMagickのインストール

で、意気揚々と次に


# gem install rmagick

とやってみると、エラー。。。orz

rmagickのバージョンが新しくなって(2008/07/03時点で2.5.1)、ImageMagickも6.3.0以上じゃないとダメらしい(エラーメッセージ取り忘れました)。
なので、バージョンを指定。


# gem install rmagick -v 1.15.11

としても、こっちもエラー。


…(途中略)…`/usr/share/fonts/default/TrueType/verdana.ttf' (Magick::ImageMagickError)

とかいうのが延々と出てきます(これも中途半端にしか取れてませんでしたorz)。
内容から察するに、TrueTypeのフォントがないとかなんとか言っている模様。
どうにかして、こいつを取ってこれれば直りそうな雰囲気を感じます。

方々手を尽くして探していると、同じような原因でハマっている人が見つかりました。
このコマンドを打つと、フォントファイルが取れてきます。


# wget http://www.zacharywhitley.com/linux/rpms/fedora/core/6/i386/msttcorefonts-2.0-1.noarch.rpm

あとは、取ってきたものがrpmファイルなので、このコマンドでインストール。


# rpm -ivh msttcorefonts-2.0-1.noarch.rpm

インストールすると、/usr/share/fonts/msttcorefontsにTrueTypeのフォントが入ります。しかし、RMagickでエラー指定されていたのは、/usr/share/fonts/default/TrueTypeなので、見ている場所が違います。
そのため、RMagickのgemが読めるようにリンクを張ることにします。


# ln -s /usr/share/fonts/msttcorefonts /usr/share/fonts/default/TrueType

これで改めて、このコマンド。
今度はきっちりインストールされてくれるはずです。


# gem install rmagick -v 1.15.11

後から思えば、バージョンをもっと上にしてもよかったかもしれないですね。ちょっと後悔。

Via:


Comment Form

About this blog

ゆるーく、ふわーっと、興味のままに。

自分のかたわらに置いておくメモ代わり。

Photostream